社会福祉法人光福祉会ひかり保育園 

ご家族にお願い

  • 園だより、給食予定献立表は目に付きやすい場所に貼り、朝・夕食は園の献立となるべく重ならないよう気をつけて、豊かな食品群を摂るようにしましょう。

  • 園児は8時〜8時45分までに登園し、必ず各担任に連絡事項を言って預けてくださいまた、欠席・遅刻は必ず電話連絡をし、病気の時は症状等も伝えてください。家庭の事情で休む場合は、家庭保育と伝えてください。早退は朝担任に話すか、保育園に電話連絡をしてから迎えにきてください。

    ひかり保育園 電話番号「0479−57−2884」

  • 各クラスで「臨時のお願い」・「お知らせ」をすることがありますので、必ずクラスの戸口まで園児の送り迎えをお願いします。(園児服は日中も着用します)
  • 朝はなるべく家族揃って余裕を持って朝食を摂り、園児は排便・排尿を済ませてから気持ちよく登園しましょう。便の出ない時には担任に伝えて下さい。
  • 住所・電話番号・勤め先が変わった時は、すぐに担任に知らせて下さい。
  • 投薬は医療行為に当たるため原則として行いません。ただし、医師の処方を受けた薬に限り、医師の指示に基づき行うことができます。必要がある場合は個別に投薬依頼書投薬依頼書(2日目以降)を提出していただきます。
  • 登園前に毎朝必ず体温や健康状態等の確認を行ってください。
  • 流行性の病気をした時は、医師の登園許可証又は証明書を貰ってから登園してください。用紙は「ばら組」か上記「登園許可証」をクリックの上印刷をお願いします。必ず医師の診察を受けて下さい。 

登園許可証を必要とする感染症 (医師記入)
病 名 潜伏期間 当園のめやす

インフルエンザ
(新型は除く)

1〜4日
平均2日

発症後5日が経過し、かつ解熱後3日を経過してから

麻しん
(はしか)

8〜12日
(7〜18日)

解熱後3日を経過してから

風しん
(三日はしか)

16〜18日 発しんが消失してから

水痘
(水ぼうそう)

14〜16日 すべての水疱(すいほう)が痂皮化(乾燥)してから

流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)

16〜18日 耳下腺の腫脹(腫れて)から5日が経過してから
結  核 2年以内 感染の恐れがなくなってから

咽頭結膜熱
(プール熱)

2〜14日 解熱後2日を経過してから

流行性角結膜炎
(はやり目)

2〜14日 結膜炎の症状が消失してから
百日咳 7〜10日 特有の咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌薬治療が終了してから

腸管出血性
大腸菌感染症(O157、O26等)

3〜4日
(1〜8日)

下痢が治まり、抗菌薬治療終了後、検便を48時間あけて2回行い、連続して菌陰性を確認し、感染の恐れがなくなってから

急性出血性
結膜炎

1〜3日 感染の恐れがなくなってから

髄膜炎菌性
髄膜炎

2〜4日 感染の恐れがなくなってから
  • 以下の病気にかかった時には保育園に必ず連絡をお願いします。
保護者の届け出を必要とする感染症 
病 名 潜伏期間 当園のめやす
溶連菌感染症 2〜5日 適正な抗菌薬服用後24時間を経過してから
マイコプラズマ肺炎 2〜3週間 激しい咳が治まってから

感染性胃腸炎
(ノロ.ロタ.
アデノウイルス等)

ロタ
1〜3日
ノロ12〜24時間

嘔吐・下痢が治まり、普段の食事がとれるようになってから
手足口病 3〜6日 普段の食事がとれるようになってから
ヘルパンギーナ 3〜6日 普段の食事がとれるようになってから

伝染性紅斑
(りんご病)

16〜18日 全身状態が良好
帯状疱疹 不定 すべての水疱(すいほう)が痂皮化(乾燥)してから
突発性発しん 約10日 解熱してから
  • 園への希望・要望等ありましたら、担任または園長にお気軽にお伝え下さい。
  • 当園の敷地内はすべて禁煙です。
  • 利用者の思想・信仰は自由ですが、他の利用者に対する宗教活動・政治活動及び営利活動はご遠慮ください。

お願い

  • 当園では乳幼児突然死症候群(SIDS)対策として、1歳になるまで睡眠時の赤ちゃんの状態を15分間隔で確認しています。赤ちゃんが寝ているそばに職員が付き、呼吸・頭位・寝具を確認しています。
  • AED(小児・成人兼用)を常備し、全職員研修を受け非常時に備えています。

 

 

荒天時の対応

近年、台風の巨大化・強力化やゲリラ雷雨等の今まででは考えられなかった異常気象が起こっています。当保育園では、園児・保護者・職員等の人命を最優先に考えています。安全の確保を保つ為に以下の基準を設けました。
保護者の皆様のご理解とご協力をお願い致します。
以下の対応をする場合パソコンの使用が可能ならば、ホームページに掲載いたします。

 

☆暴風・大雨・洪水警報が発令された場合
当園は開園いたします。保育園を「休む・休まない」は保護者判断とします。ただし、暴風・大雨・洪水警報が発令されていますので、外に出ることは大変危険が伴います。保護者が判断し、十分注意しながら登園してください。最新の情報を常に入手し、天候に回復の見込みが無い場合は、自主的な自宅待機をおすすめします。

 

☆「高齢者等避難(レベル3)・避難指示(レベル4)・緊急安全確保(レベル5)」が発令された場合
高齢者等避難(レベル3)・避難指示(レベル4)・緊急安全確保(レベル5)」の内一つでも発令された場合は、自宅待機とします。対象地域は「飯岡地区」です。園児の受け入れは行いません。防災無線や市のホームページ等で確認してください。
高齢者等避難(レベル3)」が発令された場合は、以下の行動をとってください。
避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等とその支援者)は避難しましょう。その他の人は、いつでも避難できるよう、非常用持ち出し品の用意と、家族や近所の人との連絡方法を確認し、準備をしましょう。
避難指示(レベル4)」が発令された場合は以下の行動をとってください。
速やかに避難場所へ避難しましょう。公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や自宅内のより安全な場所に避難しましょう。
緊急安全確保(レベル5)」が発令された場合は以下の行動をとってください。
すでに災害が発生している状況です。命を守るための最善の行動をとりましょう。

 

☆大雪・暴風雪 警報が発令された場合
人命最優先の考えにより、「自宅待機」とします。この地域は雪が全く降らず、積雪するのは数年に1度です。除雪車等がなく、外に出ることは大変な危険が伴う為です。注意報時は開園しますが、外に出ることは大変危険が伴います。保護者が判断し、十分注意しながら登園してください。最新の情報を常に入手し、天候に回復の見込みが無い場合は、自主的な自宅待機をおすすめします。

 

☆「自宅待機となる警報等」が解除された場合
「自宅待機となる警報等」解除後、安全確認等をするため以下の様に開園します。原則解除後約2時間後に開園します。
理由 警報等の解除情報はオンタイムではなく、遅れて発表されることが多い事。職員が出勤する為の時間、被害状況把握時間が必要な為。
午前6時30分までに解除→通常通り開園。給食有り
午前6時30分以降に解除→原則約2時間後開園。給食無し。弁当持参
午後1時00分以降に解除→終日自宅待機
登・降園時は保護者が責任を持って、安全に十分注意してください。
開園時間は施設等の安全点検後の状況を考慮し、園長が判断します。
開園時間が延長となることや、終日自宅待機となる可能性があります。

 

☆保育中に「自宅待機となる警報等」が発令された場合
当園より、お迎えの連絡を行います。すみやかにお迎えをお願いします。(2時間以内のお迎えにご協力をお願いします)最新の情報を常に入手し、天候に回復の見込みが無い場合は、自主的な自宅待機をおすすめします。

 

(注)朝の時点で今後悪天候が予想される場合は、自宅待機をお願いする場合があります。また、保育園施設が災害等により被害を受けた場合やライフライン(電気・水道・ガス)が止まった場合、休園となることがあります。ご了承ください。

 

地震時の対応

☆旭市で保育中に震度5弱以上の地震が発生した場合
園児を安全な場所に避難誘導します。保育園および周辺の被害状況などを見届け、安全確認の上で保護者に引き渡しますので、できる限りすみやかに、迎えに来てください。
災害用伝言ダイヤル  171−2−0479−57−2884

 

☆旭市で開園時間以外に震度5弱以上の地震が発生した場合
保育園及び周辺の被害状況を考慮し、判断いたします。電話・ホームページで確認をお願いします。余震もあると思いますので、十分注意してください。

 

☆旭市で震度4以下の地震が発生した場合
通常通りとなります。ただし、保育園及び周辺に被害があった場合は休園になる場合があります。ご了承ください。